マネジメント工学科について

ホーム > マネジメント工学科について > 3つのコース > ビジネスマネジメントコース

ビジネスマネジメントコース

コースの特徴

 学部創設からこれまでに数多くの経営者・経営のわかる技術者を輩出しております。就職先としては、経営や管理能力を基本としますので、基本的にどの業種にも適応可能で、職種としては、生産・工程部門や品質管理部門の他にも、総務・広報部門、人事・労務部門、財務・経理部などの幅広い職種が挙げられます。
 また親が会社や商店を経営している後継者(学生)も多く、同期や先輩後輩としての人脈は、お互いにとって特別な絆となります。
 そしていま産業界で脚光を浴びている人工知能(AI)やIoTを含め、これからの時代に不可欠なITをベースとした経営・管理を学ぶことが出来ます。従って理系ならではのITを有効活用した経営の知識や会計、知的財産権や法律など、将来、社長や経営者、経営コンサルタント、企業の管理職として活躍するために必要な知識を身につける事が出来ます。
 このようにマーケティングや、商品開発、プロジェクトマネジメント、生産管理、品質管理、リスクマネジメント等、理系と文系の複合型の科目を系統立てて履修する事が出来ます。

教育目標

 ビジネスマネジメントコースは、経営資源といわれるヒト(人)、モノ(設備や機械)、カネ(資金)と情報(企業情報)、更に近年注目されている知的財産(特許・商標・著作権)に関する考え方や理論・技法を学び、併せてそれらの資源の選択と集中を図るための戦略を考え、日々、変化するビジネスの状況において、直面する様々な問題を解決できる専門スタッフあるいは企業経営者を育成することを主眼としたコースです。